この記事は……。

  • ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTMの定期購入を考えている
  • 最近髪のボリュームが少なく感じる
  • 髪のハリやコシが感じられない……

こんなことを考えている人にオススメの記事です。

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMの特徴

100%植物由来!飲む美容サプリメントが「ヘアパーフェクターウィズ ケラナットTM」です。
古来より有効成分が注目されてきた【キビ】に着目し、
その成分を『髪に生かせるように改良したサプリメント』になっています。
飲むことで髪にハリやコシ、ボリュームをもたらしてくれます。

 

【メリット紹介】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM

ケラナットは、ハリ・コシ・ボリュームを改善する!

キビは古来から世界でも有名な育毛成分として話題になっています。
具体的にいうと『ミリアシン』『リポウィート』という成分が
女性の毛髪サイクルを促してハリのある髪をサポートし、髪を育て強く生えて来ます。
これを体内に取り込むことで美しく、ハリやコシのある髪へと導きます。

 

無添加・植物由来のサプリメント

貴重な植物由来の成分を贅沢に配合し、 無添加・天然成分に拘り抜いています。

 

カプセルも希少な植物由来

一般的なサプリメントではカプセル(膜)が動物由来のものを使用していることが多いのですが、
ケラナットTMはカプセルまで植物由来とこだわっています。
そのおかげで余計なアレルギーの心配もありません。

 

老舗天然香料会社が開発

300年以上もの間フランスで美容の有効成分を研究開発している老舗天然香料会社が開発!
特許も取得済み

 

国内GMP認定工場で製造

徹底した品質管理の元で製造しており※GMPを認定しています。
( Good Manufacturing Practice の略。「適正製造規範」のことを言います。GMPが認定された工場は原料の受入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、「適正な製造管理と品質管理」ができているとされます)

 

【安く買える!】ヘアパーフェクターウィズケラナットTM購入方法

現在お得なキャンペーン価格となっています!
こちらをクリックすると公式サイトにジャンプします↓↓

 

もう髪に悩まない

髪のボリュームがないと老けてみえてしまったり、
頭皮が見えてしまい女性としては好ましくない恰好ですよね。
またコシやハリがないと余計に「ヨボヨボなおばあちゃん」に見えてしまいます。

 

そういった見た目にならないようにするには身体の内側から髪に良い成分を定期的に取り込む必要があります。

 

ヘアパーフェクターウィズケラナットTMは髪にトータルアプローチし、
強くハリとボリュームを生み出す髪にしてくれます。
今なら特別なキャンペーンも実施中なのでお得な機会を逃さないうちに、
美しい髪を手に入れてください!

 


 

シャワーだけは髪にいいか?

よく入浴はシャワーで済ますという人がいますが、ちゃんと湯船に浸かるべきだと思います。何故かというと、入浴の温熱効果によって強い髪の毛がよく育ってくれるからです。

 

・シャワーでは温熱効果が得られないし髪も育たない

 

そんな私自身も、40歳まではシャワーで済ますことが多くありました。今では「体を温める為の入浴」として、もっと早くから取り組むべきだった...と過去を勿体なく思っています。なぜシャワーだけではダメなのか?少し説明しておきます。

 

まず、誰もがご存知のとおり、入浴で体が温められることで血行が良くなる「温熱効果」があります。身体の組織が活発に活動する為には酸素や栄養が必要。それを運ぶのは血液です。

 

その温熱効果によって代謝が上がり、体温も上がります。一方、シャワーではそのような温熱効果はほとんど得られません。私が過去に低体温だったのは、シャワーで済ますことが習慣になっていたからなのです。

 

入浴によって体温が上がると、酵素反応のスピードが上がる。温度が10度上がれば、反応速度は2倍になる。40度の湯に15分浸かると、
体温は約1.5度上がるが、同じ温度の湯をシャワーで浴びても、0.5度程度しか上がらない。
前者の方が全身の酵素反応が促され、代謝がアップするというわけです。私自身、代謝が落ちていた当時、抜け毛が酷かったことを今はとても悔やんでいます。今ならよく分かるんです。その当時に戻って過去の自分に教えたいくらいですね。

 

私のようにならない為にも、皆さんはシャワーではなく、ちゃんとお風呂に浸ってください。

 

A入浴で体や髪が若くなるのを実感。普通の入浴より"HSP入浴"をやるべき

 

体や髪が若くあるためには、シャワーではなくちゃんとお風呂に入ること。当たり前のことですが、今ではとても大切なことだと感じています。

 

しかし、ただお風呂に入れば良いというわけではなく、お湯の温度や浸かる時間などに少しこだわってみるのです。そうすると、体の良い変化が色々と感じられるようになりました。

 

・初老を受け入れる40代。それでも自己回復力は潜在的に備わっている

 

40代のなかばで年齢的にも初老(?)。私はそれを受け入れないといけません。ただ、身体や髪にしても自己回復力が衰えている年齢であるからこそ「放置しない方がいい」と私は思うのです。

 

若返りなんて無理、という人もいるかもしれません。しかし、自己回復力は潜在的に備わっているわけで、それを呼び覚ますことは行動次第で充分に可能だと感じています。

 

それは、主に代謝力を上げていく為の行動をすることです。そのひとつとして効果的だと感じているのが「週2回のHSP入浴」です。以下では、私がやっている「HSP入浴」を紹介したいと思います。

 

・ストレスで体が若返る「HSP入浴」について

 

以前に足湯することをよくお勧めしていました。私はもともとシャワー派なので、温める時は足湯ばかりやっていたのです。しかし現在では、熱いお湯での全身入浴の方がメリットが大きいと思うようになりました。

 

たしかに、熱いお湯に浸かることは今でも苦痛でストレスを感じます。しかし、そのストレスが逆に「髪が抜けるストレス」を解消してくれることが分かったのです。

 

人間は熱に晒されるとストレスを感じます。そうすると、それを軽減させる「ヒートショックプロテイン(HSP)」というタンパク質が増えます。このタンパク質は、傷んだ細胞の修復、また不要になった細胞を分解、さらに新しい細胞の合成など、体や髪の若返りを促してくれるわけです。

 

若返りというと少しオーバーかもしれませんが、HSPが代謝を促すのはよく知られている話です。

 

・あながち嘘ではない。HSP増加で毛母細胞が修復されること

 

何年か前に、ストレスで髪を生やすHSP発毛法(?多分) という情報商材がありました。高額な情報商材ということで、お金儲けとか胡散臭いとか言われてましたが、内容は確かなものでした。

 

HSPが傷ついた毛母細胞を修復させて、髪をつくる機能を取り戻すという発毛法は理にかなっているように思います。

 

私たちの体は、皮膚、骨、筋肉、髪の毛、血管など、さまさまな組織や細胞がタンパク質によって構成されています。タンパク質がストレスによって傷つくと、それを修復しようとしてHSPが生まれる。これがないと、頭皮の新陳代謝も上がらないし、ヘアサイクルの乱れも改善されないです。

 

熱いお湯に浸かってHSPを増やす=髪も増えるということ。私自身、ヘアサイクル改善が可能になったいま、HSP入浴の効果は決して嘘では無いと考えています。

 

B代謝アップで若返りに効果的なHSP入浴のやり方

 

では、HSP入浴とはどのような方法で行なうのか解説しておきます。

 

まず、この入浴法のポイントとなるのは、お湯の温度と浸かる時間、そして保温です。HSPは体感的に「熱い」と感じた時に多くつくられます。温度でいうと40℃〜42℃が基準になりますね。

 

42℃のお湯の場合は10分浸かる

 

41℃のお湯の場合は15分浸かる

 

40℃のお湯の場合は20分浸かる

 

なるだけなら、肩までしっかり浸かるのが理想です。しかし、この温度の場合、とても熱くてHSPを増やすどころでは無いかもしれません。そんなときは短時間に限りですが、途中で湯船から一旦出ましょう。でも、なるだけなら我慢したほうがHSPは増えます。

 

もし水分補給するなら、冷水ではなく常温の水を飲むようにしてください。そして入浴後、10分間くらい保温することも大切です。とにかく、すぐに体温を下げるようなことはしない方が良いと思います。

 

この入浴法で、体温は38℃〜37℃に上昇しますが、そのくらいの体温ならHSPを増やすことが出来るはずです。

 

・HSP入浴で代謝力UP。35℃台の体温が36℃中間まで上がった

 

私はもともと低い体温だったのですが、このHSP入浴を続けて実践すると、35℃台だった体温が36℃中間まで上がるようになりました。冬の厳しい寒さでも、とても体がよく動きます。また、しっかりした髪の毛が根付く厚い頭皮になりました。

 

それらで分かるのは明らかに基礎代謝が上がっているということです。基礎代謝が上がれば、日常の活動もアクティブになりますし、頭皮を含め体の代謝力はさらに強くなります。

 

このHSP入浴はかなり効果的だと思うので、髪や体の若返りを考えている方はぜひ実践されてみてほしいです。

 

 

 

髪に良い生活習慣

 

むろん、ずっと食事をしなければ、体重も減りますが髪も生えてきません。

 

食べてもそれ相応の運動をすれば問題ありませんし、体重が増えることはありません。つまり体脂肪も増えないわけです。

 

でも、毎日そんなに激しい運動はなかなか難しいと思いますので、脂肪と糖質の摂り過ぎに気を付ける必要があるのです。

 

ですので、まずは脂質と糖分をできる限り控えていく。

 

ぜひ次の食事から意識してみてください。

 

Bタバコを控える

 

もはや言われなくてもわかっていることだと思いますが、タバコが体に良いはずがありません。

 

血行不良を起こすからです。

 

ニコチンには血管を収縮する作用があり、頭皮だけでなく体全体の血行を悪くしてしまいます。

 

またそれ以外にも、タバコを吸うと、AGAの原因とされている男性ホルモン「ジヒドロステロン」の分泌が増加します。

 

禁煙することによって、男性ホルモンが抑えられることになるのです。

 

その他にも喫煙は大量のビタミンを破壊してしまいます。

 

ビタミンは、髪の毛の健康を保つのに必要な栄養素のひとつで、頭皮環境を整え髪が成長しやすい土壌を作っているのです。

 

禁煙をすることで、タバコによってビタミンが破壊されることがなくなり、髪が育ちやすい環境が整うのです。

 

私も以前は当たり前のように1日に2箱以上を吸うヘビースモーカーでしたが、今はキッパリと辞めました。

 

タバコを我慢することで余計にストレスが溜まり、髪にかえって良くないと考える方もいるかもしれませんが、それは違った方法でストレスを発散させましょう。

 

そうはいっても、やはり禁煙は苦しいものです。禁煙は、自分一人ではなかなか達成できません。

 

そこで私がおススメするのが「禁煙外来」です。

 

聞いたことがある方も多いでしょう。

 

簡単に説明すると、医師があなたのこれまでの喫煙歴をきっちりと把握した上で、禁煙を補助する薬の処方や治療の経過を見守ってくれるという治療法です。

 

地域によって異なりますが、さまざまな病院で処方を受けることができます。

 

禁煙外来の最大のメリットは、禁煙中にタバコを吸いたいといった離脱症状が起きても、医師に相談できるので精神的に心強く継続しやすいところかと思います。

 

これまで禁煙にチャレンジして挫折してしまった方には特にオススメです。

 

ちなみにですが、禁煙補助薬を服用すると、タバコを吸っても不味く感じるようになってきます。

 

ですので、次第に自らタバコを吸いたくなくなってくるという感じで、自然に禁煙していくことができます。

 

ところで気になる治療代ですが、だいたい1日に1箱吸っている場合、その1か月のタバコ代で禁煙外来に通い、治療薬も処方してもらえると思います。

 

少し高く感じた方もいるかもしれませんが、長い目で見ると、このまま一生タバコを吸い続けるほうがどう考えても明らかに高くつきます。

 

また条件を満たせば、健康保険も適用されますので、興味がある方はぜひご自身で一度調べてみてください。

 

昨今は、喫煙者にはとても肩身の狭い状況です。これは海外に行っても同様です。

 

自由に喫煙できる場所はどんどん減少し続ける中、再びタバコの増税が決定しました。

 

おそらく今後もさらに喫煙者にとっては不利になるような状況になっていくと思われます。

 

ちなみに、婚活の現場などでは、タバコを吸っているというだけで異性に敬遠されます。

 

髪を生やすためだけにではなく、異性にモテるようになるためにも、ぜひこの機会に禁煙にチャレンジしてください。

 

C睡眠の改善

 

朝目覚めたときに、枕に髪の毛が何本も落ちていてゾッとした経験がある方も決して少なくないでしょう。

 

まるで悪夢を見ているかのような気持ちになりますよね…

 

実は、抜け毛は睡眠ととても深い関係にあります。

 

髪の毛の大部分は、タンパク質でできています。そのタンパク質の合成を促すのが、脳の下垂体から分泌される成長ホルモンと呼ばれるものです。

 

この成長ホルモンが1日のうちで1番盛んに分泌されるのが、睡眠中なのです。

 

私たちは睡眠中、深い眠りと浅い眠りを交互に繰り返しているのですが、特に入眠後最初に訪れる深い眠りのとき、最も多くの成長ホルモンが分泌されるそうです。

 

眠りが浅いと、髪が成長ホルモンの恩恵を十分に受けられない恐れがあります。

 

さらに、眠りが足りないと、心身にストレスが溜まっていく、という問題もあります。

 

ストレスが慢性化すると、血流の悪化を招くことになります。

 

血流が悪くなると、髪の毛に必要な栄養分がきちんと頭皮に行きわたらなくなる恐れがあり、これも髪にとってはよくありません。

 

ちなみに寝る前にお酒を飲み過ぎることも、睡眠の質を落とす原因になりえます。

 

髪のためにも、血行を良くするという意味では多少のアルコールを飲むことは良いと思いますが、飲み過ぎには注意が必要です。

 

お酒をたくさん飲んだ日は自然に眠たくなり、よく眠れると感じる方も多いでしょうが、実はこのときの眠りは非常に浅いのです。

 

その証拠に、深酒をした翌朝になかなか起きられないのは、二日酔いだけだからではなく、お酒のせいで眠りが浅くなってしまっていて、十分な睡眠がとれていないからです。

 

成長ホルモンの恩恵を受けるチャンスを、髪がみすみす逃すことがないよう、寝酒はほどほどにしておきましょう。

 

また、スマホ・パソコンの画面から出るブルーライトには、眠りに入るためのホルモン「メラトニン」を分解してしまう作用があります。

 

眠る前にこのブルーライトを浴びてしまうと、脳が覚醒してなかなか眠れない・寝てもすぐに起きてしまうなど、深い眠りにつきにくくなると言われています。

 

寝る直前のパソコン操作や、布団に入ってからのスマホなどは控えるように心がけましょう。

 

睡眠不足は、体調不良にもつながり、良いことはひとつもありません。

 

薄毛・ハゲ予防のためにも、日頃から睡眠時間を確保する心がけと、睡眠の質を高める工夫をしてみましょう。

 

 

 

 


更新履歴