育毛パック

 

自宅で行う育毛パックは、毎日行う必要はありませんが、スペシャルケアとして随時行うことができます。

 

1ヶ月に2回、このスペシャル育毛パックを取り入れてみてください。

 

夏、紫外線で頭皮がダメージを受けて、カサカサになった秋に行うと大変効果的です。

 

育毛パックに含まれているコーンスターチが皮脂を除去し、ハトムギ粉がしっかりと保湿してくれます。そのおかげで皮膚を柔らかく保ってくれるのです。

 

皮膚が柔らかく保たれれば、頭皮が硬くならず、毛穴は開かれ、髪が生えやすい体質になります。

 

育毛パックには下記のものがお勧めです。

 

プーラ 頭皮パック パワードパック 200g 【10種類のハーブ&フルボ酸】 ヘッドスパ専門店 PULA 100%自然由来配合

 

 

 

 

塩素を除去するシャワーの設置

 

水道水の塩素を除去するだけで髪が蘇るのです。

 

塩素は一瞬のうちに髪の毛や頭皮に吸収されてしまいます。人間にとって大切な常在菌を殺してしまうほど塩素は強力な毒です。

 

 

シャワーの水温が増毛を促す

 

シャワーの水温が増毛の鍵となります。

 

髪と地肌に最適な水温は、37℃から39℃で少しだけぬるめの水温です。

 

熱過ぎるお湯は、皮脂を過剰に奪ってしまいます。35℃から36℃では低すぎます。温すぎると酸化した不要な皮脂まで残るので37℃から39℃が最適な水温です。

 

 

シャンプー

 

髪の毛を元気にするためにはシャンプーの順番で決まります。

 

先ず、髪の毛と頭皮全体をシャワーのお湯で洗い流します。

 

1度目のシャンプーは、手のひらに取ってから軽く泡立てます。直接シャンプーを頭皮につけることはやめたほうがいいようです。直接頭皮から泡を広げることになるため頭皮を傷めてしまいます。

 

2度目のシャンプーも手のひらにシャンプーを取って泡立て頭皮に馴染ませます。

 

埃や汗が大雑把に取り除かれた状態で、頭皮マッサージをしっかり行います。これで手を滑りやすくして、マッサージを行います。

 

シャンプー選び

 

正しいシャンプー選びは育毛の鍵になります。育毛を阻害する成分である合成界面活性剤入りシャンプーは避けましょう。頭皮に優しいアミノ酸系界面活性剤シャンプーを選ぶようにし、地肌に潤いを保たせ血行を促進させることが増毛へつながります。

 

次のシャンプーはこのことに配慮されています。

 

プーラ スカルプ シャンプー 500ml 【 天然フレグランス / 頭皮に優しい 】 ヘッドスパ専門店 PULA 自然由来配合

 

 マッサージ

 

万能型マッサージで頭皮を元気にすることができます。

 

主に、頭皮の持ち上げ、耳引っ張り回し、頭皮マッサージが直接頭皮の血行を良くします。体全体では、腎経経路の揉み解しをすることで、頭皮の血流をよくすると一般に言われていますので腎経路をよくマッサージしてみましょう。

 

薄毛タイプ別マッサージを行うことで効果が上がります。血液の流れが健康と髪の毛の増毛に深いかかわりがあります。髪の毛に栄養を運んでいるのは血液だからです。栄養が髪の毛にも行き渡るようにマッサージを施します。

 

次の製品もマッサージのアシストに効果が期待されます。

 

パナソニック 頭皮エステ サロンタッチタイプ ルージュピンク調 EH-HE98-RP

 

食べ物

仕事で忙しくなると、手軽に食べられるものを食べてしまいがちですが、それを続けていると薄毛になっていくのです。

 

実は面白いことに、食べ物の好みによってある程度薄毛のタイプを予測することができるようです。かつ丼を初めとして、焼き肉やハンバーガなどの脂っこいものを好んで食べる人は、M字タイプ、A字タイプになりやすいと言えます。

 

髪の毛がどのあたりから薄くなっているかで食の好みがわかるわけです。

 

眼精疲労を解消するには、ニンジンやホウレン草などの緑黄色野菜や、アジやサバなどの青魚が効果的です。

 

脂っこいお肉ばかり食べていると、野菜や青魚などの食品が不足がちになります。そうなると目の疲れがどんどん蓄積して頭皮がこわばりM字タイプ、A字タイプに近づくそうです。

 

なんにでもソースや、ケチャップ、マヨネーズ、醤油等をかけないと気が済まない人や、ラーメンなどの味の濃いものを好む人は、O字タイプになりやすいようです。

 

塩分を多く含む食品を食べると、血圧が高くなりがちです。この状態が続くと血圧の流れが滞り、頭頂部の血行が衰えてくるのです。

 

血圧が高くなるというのは、血液の流れが悪くなるから圧を上げて流そうと体が反応しているわけです。そのような意味で、頭頂部まで血液が上がらなくなっていて、頭頂部に栄養が行き渡らなくなっているのも分かります。